ケーズデンキに関するエトセトラ

ケーズデンキは株式会社ケーズホールディングスが経営する家電量販店の屋号です。

茨城県水戸市にて1947年ラジオの販売・修理業としてスタートし、1980年に家電小売業を開始。以後国内各地の量販店を傘下に置き躍進。

2016年の売り上げは6,441億円で業界5位。『日経ビジネス』のアフターサービスランキングでは5年連続1位を獲得しています。

主な特徴として他店では書籍・CD・ビデオソフト・ゲームなどの玩具・スポーツ用品など多角的に商品展開するところが多い中、家電・パソコン・携帯電話などに品揃えを絞っている点、ポイントカードを導入せず現金値引きに徹している点が挙げられます。

ケーズデンキで契約するメリットは?

ケーズデンキはWiMAXのプロバイダです。『KT-WiMAX』の名前で提供しています。

店頭にはでかでかと『WiMAX月額6,400円プランご加入で50,000円引き!』というような広告が出ています。

勘違いしがちですが、これは5万円キャッシュバックではありません。

例えばギガ放題プランの場合、月税抜き4,380円にケーズデンキで購入した商品の「割引」額1,547円を上乗せする形で2年間24回払い分が5,927円になります。肝心の割引額(実際は2年ローンで払った額)は9,920円。

何のことない、家電量販店がWiMAX契約の際によく使う手口です。

また契約の際にはクレジットカード必須となります。

メリットのようで実はデメリットでしたというのは店舗契約によくある話。

ただケーズデンキは接客態度の良さに定評があります。前述のキャンペーンの内容についても非常に懇切丁寧に説明してくれるとのこと。

本拠地の茨城に乗り込んできた業界1位のヤマダ電機を返り討ちにしたケーズデンキだけに、WiMAXキャンペーンでも一歩抜きんでたサービスを期待したいところですが、さすがに厳しいでしょうか。

やはりWiMAXについては、家電量販店よりオンラインプロバイダとの契約がお勧めです。とは言えオンラインプロバイダのキャッシュバックも、1年前後待たされるのが普通です。

初期費用が約2万円かかるものの月額が安いBroad WiMAXが時々行っている初期費用が無料になるキャンペーンを狙うのが賢い選択ではないでしょうか。



to TOP