まずは慌てずに行動しよう

WiMAX、Y!mobile、docomoなど、モバイルルーターは数多くありますが、万が一なくしてしまった場合は、どのように対処したら良いのでしょうか?

手軽に持ち運びができる反面、小型ですから、紛失しやすいというデメリットもありますよね。

知らず知らずのうちに紛失してしまった場合、まずはどのような行動をとれば良いのでしょうか?

万が一、悪意を持った人に拾われてしまうと、個人情報の流失や悪用される心配があります。

そこでまずやるべきことは、契約している会社に連絡し、回線を停止させるということです。

例えばWiMAXに契約しているのなら、契約しているWiMAXのカスタマーセンターに連絡しましょう。

紛失した旨を伝えることで、回線の停止をすることができます。

当然ですが、回線を停止した場合、その間のインターネットの利用は出来なくなるので、注意しましょう。

紛失したモバイルルーターが見つかった場合、再びカスタマーセンターに連絡すれば、回線を再利用することが出来るようになります。

警察にも紛失届を出そう。

なくしてしまったものは仕方ありません。

一所懸命に探しましょう。まずは落ちた場所はどこなのか?

どこに持っていったのかなどを、出来る限り思い出し、探し出すヒントにしましょう。

落とした場所の範囲が分かっているのなら、その範囲の警察に行ってみるのも手です。

警察署に届けられていることがあります。

その場合、紛失届を出しておくと、手続きがスムーズに進みます。

よって、外出先でなくしてしまった場合は、早急に警察に届け出ることも大切です。

また紛失することを想定して、事前に分かりやすくシールなどを張っておくと、見つかった時、自分のものか確認することが容易になります。

モバイルルーターは、どこでも使用できる日常生活にはなくてはならないものになりつつあります。

そこで、紛失した時のケースを考え、慌てずに行動できるようにしましょう。



to TOP